留学に行くまでにある程度喋れるようになっておくことが大事

留学に行くまでにある程度喋れるようになっておくことが大事



 

留学する前にやっておいた方がいいことを3つ述べます。まず一目は留学先の国の言語を簡単な会話が出来る程度までレベルを上げておくことです。

 

人によってアクセントや発音が違う場合もあるので、あらゆるアクセントに耳を慣らしておく必要があります。会話できなければ日常生活だけでなく友人を作ることさえむつかしいです。

 

そして孤独な生活を送ることになり目的である勉強が思うように進まないこともあります。ですので出発までに簡単な日常会話程度の語学力を身につけた方がよいでしょう。

 

2つ目に、留学先の国の文化や生活習慣を学んでおくと大変助かります。それらがわかれば何か問題にぶち当たった時、人はどのような行動をとるか、なぜそのようなことをするのか、といった住んでみないとわからない質問の答えが簡単にわかる場合があります。

 

また何が礼儀に反することか、何が喜ばれる行為かなど前もってわかっておくと大変役に立ちます。最後に日本のことを英語で話せるように勉強しておくと大変役に立ちます。

 

自分の国の文化や習慣はわかっていると頭で思っていても、実際にそれらを英語で質問されて英語で説明できるかといえば、なかなかむつかしい時があります。ですのであらかじめ日本に関する英語で書かれた本を読み、それを英語で話す練習をしておくと大変役に立ちます。

 

そして何より大切なことは、留学前に実際にその国を訪れて、電車やバスの乗り方、町の雰囲気、住んでいる人々の様子など、あらかじめわかっておくと到着して慌てたり驚いたるすることも少なく、勉強に集中できると思います。

 

私は心配性だったので前もって自分が住む町に滞在し、交通の便や治安などを身をもって学習しました。おかげで実際に留学した時スムーズに生活を送ることができました。

 

また常用薬やコンタクトレンズのスペア、クレジットカードを盗まれた時の連絡先やカード番号を控えておくといった「もしも」の場合に備える準備も重要です。何が起こってもすぐに対応できるよう「自分の身は自分で守る」ことを常に意識しながら生活できるよう準備することが大切です。

 

マンツーマンジム 口コミ